• (81)-11-231-3511
〒060-0004 札幌市中央区北4条西11丁目SOCビルディング2F
VISAの申請は4Fで受付しております

名誉領事就任のご挨拶

名誉領事就任のご挨拶

2006年12月、駐日カンボジア王国特命全権大使プー・ソティレアッ閣下にお会いし、副首相ハオー・ナムホン外務大臣、フン・セン首相にお会いする機会をお作り頂きました。
2007年6月26日 プー・ソティレアッ閣下より正式に承認を請け、私、滝沢靖六が名誉領事に就任致しまして、同日、札幌にカンボジア名誉領事館を開設致しました。

カンボジアは端的に申しますと、1世紀頃誕生し、6世紀にクメール人が力をつけ、9世紀から発展し、12世紀前半に現在の世界遺産であるアンコールワットが出来ました。1184年が絶頂期といわれております。1431年タイのアユタヤ王朝が都 アンコールワットを攻め入りまして1450年頃から、栄華を誇った都 アンコールワットも、巨大な石の寺院も、密林の奥に深く深く覆われていきました。400年もの間、人の目に触れず密林に眠っていました。1860年に、フランス人 アンリー・オムにより再発見されました。
ソティレアッ大使にアンコールワットをご案内頂いた折、私も夕暮れの巨大な石の寺院を背景に、真っ赤なサンセットを見ました。薄闇にそびえるアンコールワット、その色のコントラストに息を飲みました。しばし、人間の人生を感じました。クメール人の人生観と申しましょうか。巨大な寺院や歴代の王の夢、野望、そしてロマンが息づいているこのアンコールワットを、皆様にもぜひ見て頂きたいと思います。

北海道とカンボジアの観光、またカンボジアの経済発展と友好親善に微力ながら努力していきたいと存じております。

在札幌カンボジア王国名誉領事
株式会社 札幌オーバーシーズコンサルタント社長,札幌商工会議所 特別顧問, 札幌貿易協会 会長, 北海道貿易物産振興会 名誉会長, 協同組合トレード札幌 理事長,公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター 理事, 北海道経済連合会 理事, 日本国際連合協会 北海道本部 理事

Message from the Honorary Consul

December in 2006, I had a opportunity to meet Mr. Hor Namhong, the Minister of Foreign Affairs, Deputy Prime Minister and Mr. Hun Sen, Prime Minister after I met H.E. Mr. Pou Sothirak, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Kingdom of Cambodia to Japan.

June 26th, 2007, H.E. Mr. Pou Sothirak gave formally approval for my assumption of the Honorary Consul of the Kingdom of Cambodia and the Honorary Consulate of the Kingdom of Cambodia in Sapporo was established on the same day.

It is simply said a county had come into being in the 1st century A.D. in Cambodia and Khmer had risen to power in the 6th century. They had started developing on the 9th century and the world heritage Angkor Wat had been built on the 12th century. It is also said that its government had been at its peak in 1184. In 1431 due to King of Ayutthaya’s intervention from Thailand to the capital Angkor Wat, the great stone temples including Angkor Wat had started getting covered with growing forest from the middle of the 14th century. Those had kept unattached in deep forest for 400 years and a French explorer Henri Mouhot reached there in 1860’s.

I saw the crimson sunset behind the huge rocks of the temples in Angkor Wat whenI visited there with the guide by H.E. Mr. Pou Sothirak. The contrast of the colors between Angkor Wat rising in the dusk and the setting sun took my breath away. I felt the life of human beings. I felt it like the philosophy of Khmer. I wish that you will see Angkor Wat with the huge temples, the dreams of long line of kings, their ambitions and the romances with your own eyes.

I contribute my humble efforts to the economic development in Cambodia and the tourism between Cambodia and Hokkaido.

Seiroku Takizawa
Honorary Consul of Cambodia in Sapporo
Scroll Up